BREAKfAST – breakmefast.com

アイドルパンチの10周年だ

 二万Vでライブ、アイドルパンチの10周年だ。彼らとは、会う回数の割には全然喋ったことがなかったので、今日は思い切って喋ってみたかったのだが、きっかけが無くて結局あまり喋れなかった。マサオ君(ベースだ)なんて、話すきっかけ以前に、どんなテンションで喋りかければよいかも分かんないような人なのだ(でも以前シェルターで喋った思い出があるので、それを再現したかったのだ)。

 で、結局ラッコ君と他の人との会話を聞き続けることによって、喋った気になる。リハ最中にユージーマンの谷口さんが何を思ったのか突然「俺はアイドルパンチよりもブレックファストの方が好きだなぁ。」と言いだし、この人はこの会話の出口をどこへ持っていくつもりなのだろう?と不思議に思う。ちなみにラッコ君の返しは「俺だってユージーマンよりもブレックファストのほうが好きだよ。」であった。う~む、うちのバンドはそんなに皆に好かれていたのか・・・。 さて、タロクンというカメラマンの友人と、エル・ブリトーズというスケートチームを発足させたので、最近はビデオ撮りばかりなのだが(NOスピード!NOテクニック!)、今日もリハ後は高円寺をスケボーでうろつき、撮影していたのであった。

 ライブはいつもより長めの曲数のなか、ハイテンションで二回ほど意識が飛ぶ。なかなか良いものができたのではないかと思う。盛り上がったしね。そしたら酒井君が、予定には無かった「ステッピン・ストーン」を最後にやろうとしたのだが、他のメンバーは楽器を片付けているし、客は(やるのかやらないのか)どう受けとめてよいのかが分からずに戸惑っていた。そして俺も戸惑った。

 トークは少しうけると、どうしてももう少し喋りたくなってしまう、いつもの癖が出る。そんでもって少し盛り下がったあたりで終わらす。
 物販のところにラッコ君が法事で貰ってきた海苔があって、それを延々と食べ続ける。アイドルパンチと喋るという目的は叶わなかったが、名前を全員憶えることができたので良しとしよう。物販の子の名前まで覚えたぜ、浜ちゃん(釣りバカ)とパンティーだ!


Ads

top