BREAKfAST – breakmefast.com

サバンナ高橋

 京都ウーピーズにてライブ。朝6時の出発は起きるのが大変辛く、車に乗った瞬間から眠りにつく。起きたら料金所だったので、東名入り口かと思ったら京都東だった。運転していたタロクンには悪いが、完璧なワープ成功、完璧だ。 リハ終了後八坂神社の周りを散策。かき氷をたべたり卒業旅行ぶったり(『思い切って来て良かったね』とみんなで言い合う)してとても面白い。八坂神社脇の坂道はとても路面が良くてダウンヒルに最適。東大路通りを横切りさらに祇園へと下っていく瞬間は、まるで泉鏡花の異世界へと入り込むかのようだ。地蔵盆の京の街を芸者さんとすれ違いながら駆け抜けるなんて!
 ライブはステージ前にあるガラスに自分の姿が映ってなんか恥ずかしい。意識を飛ばしてのライブだったので、どんなだったかはよく憶えていない。

 打ち上げの席で企画者の女性がサバンナ高橋と知り合いだったことが発覚、すげぇぜ!「私バッファロー吾郎が好きなんです。」「俺今度『バッファロー吾郎のお笑い世界一決定戦』見にいくんですよ。」みたいな会話をしながら、テレビの話になる。どうしても思い出せない番組があったのだが、いまは思い出せる。「すんげーベスト10」だ。
 この女性がもの凄い京都弁を使うので「いちいち京都弁ですね」と言ったら気分を害された。最近の若者はイメージほどには方言を使わないと聞いていたのに、彼女はもの凄く上手に使うのでまいって(ハートが溶けて)しまったのだが、京都弁嫌いのレッテルを貼られてしまった。

 JR東海のCMのせいで京都に過剰な期待をしていた俺だったが予想以上の楽しさにすっかりやられてしまった。今度はもっとゆっくり行きたいものである。打ち上げを途中で抜けて帰路へ、 帰りも寝まくったが最後に運転する。朝日の中で聞くザ・バンドがもの凄く旅気分。

 すっかり京都弁が嫌いというイメージがついてしまい、そんなことないですよ、じゃあつこうてみてください、なんて会話で俺が言った京都弁がこの日の名言。
 「よろしおま!わても京のパンクスどす!性根すえまひょ。」
なにげの女キャラであった。


top