BREAKfAST – breakmefast.com

2万Vにてライブ

 2万Vにてライブ。それまで口の周りに生えていた髭(ポシェット型)を剃り口の上だけ残す。俺としてはザンブロッタっぽいイタリア人(とポワロみたいなベルギー人)を意識したのだが、やってみるとチカーノ度とヤンキーOB度が異常に高く、こんな俺が車を買うなら絶対セドリックだな、と(強く)思う。そんなわけでチカーノっぽくライブを決めようと思っていたのだが、始まったらそんなことは忘れていつもと同じになってしまった。

 トークもその髭にちなんで「渋谷の券売機で胡散臭がられた」という話。オチとなるべき髭の部分で思ったほどの笑いが起こらず、結構俺の髭ってそんなに変でもないのかな?と思う。でも後から考えるとオチがあまり受けなかったのは、オチへ行くまでに小さな笑いがそこそこ起こったせいで俺が調子にのってしまい、トークの流れがそれてしまったせいだと思う。たとえ受けそうでも流れからそれそうな子ネタは切らなければならないなと実感。ただし終われなくなった後もそこそこ面白く喋れたので満足。 「以前ギグアンでクリーミーマミについて話しかけた者ですぅ(雑感3月分参照)。」と女の子に話しかけられ、「あぁどうも、今日は見に来たのですか?」と返したら「いえ、さっき出演しました。」と言われた。ギャフン!!スラムチョップのギターチョップでした。いや見てたんだけど顔が一致しなかったね。本当に見てたんだよ。すみませんと素直に(心から)謝る。いやでも見てましたよ、としつこく言ったが多分信じていないだろう。俺、天狗になっていました、すみません。ギターチョップ(吉田さんという、吉田チョップである。)いいコーラスしてたぜ。
 しかしそれがきっかけとなってベースチョップ(畑山さんという)と三人で物販しながら喋り、仲良くなった(はずである)。ベースチョップはボーカルだけど静かな方で、俺に似ているなぁと思った(妄想の域に達する勘違いである)。ドラムチョップと喋らなかったのは物販コーナーにいなかったから。唯一の男性メンバーだからという理由では断じてない。
 ギターチョップはギターを背負うと行商みたいでギターケースが大きすぎる気がした(よけいなお世話である)しばらく話すと、彼女が次の日にインド人とディズニーランド(S・E・A)へ行くことが発覚。なんじゃそりゃ!もの凄く俺も行きてぇ!一緒にアラジンのアトラクション乗りてぇ!ターバンターバン!(偏見である)     

 聞いた名前を二分後に忘れるという特技(欠点)を持つ俺なので、吉田さん、畑山さんという名前も合っているのかいまいち自信がないが、顔は覚えたので今後は失礼のないようにしたい。ごめんなさい。
 そんな反省を踏まえて、これからは対バンの顔をしっかり覚えよう(見えずらいけどドラムも)と思い、早速ブレックファストの次に出たエルヌドを注意深く観察したら、全員覆面をかぶっていた。ギャフン!まさにギャフンであった。


top