BREAKfAST – breakmefast.com

夏の終わりに名古屋デイトライブ3周年企画に出る

 名古屋デイトライブでライブ。デイトライブの三周年記念企画に呼んでいただいたのです。デイトライブ・・・全く知りませんでしたが、うちなんかが三周年記念に出ちゃっていいんですか?という申し訳ない気持ちを若干抱きながら出来たての新東名で名古屋へ向かう。
 それにしても新東名って速いね。スピードを出させる道の作り方してるね。まぁ陽君が運転しない限りのんびり行くから関係ないんだけど、道やら看板やら全てが新しいし景色も新鮮、新東名。
 途中で寄ったインターがショッピングモールみたいだったので軽く興奮。ピース売りしているピザーラで声が出るくらい興奮「あ、ピザーラがある!」興奮の勢いで二枚買おうとするけど、一枚食べてからでいいんじゃないですか?とケミー君にいつものテキカク発言をされて、そうね、二枚目冷めちゃいそうだしね。と納得しておとなしく食べてると、奥のほうにあるKAWASEMI BURGERというとても美味しそうなハンバーガーのお店が視界に入る。うわ!奥の方に美味しそうなお店がいっぱいあるじゃん!久しぶりの遠出で感覚が鈍ったのかな?ピザ二枚買わないで本当によかった。というわけでハンバーガーを食べ直す。
 デイトライブに到着すると今日の対バンであろう方々が集まっているが、なんかもう凄く若い人たちばかりで本当に今日うちが出ちゃっていいんですか?という気持ちが再び沸く。だって皆さん俺の半分くらいの年齢じゃない?ま、いっか。倍くらいの年齢のバンドのガッツを披露しましょう。
 リハ後はみんなで駐車場でスケボーする。何にもない駐車場だけど凄く楽しい。やっぱストリートって楽しい。隣では若い三人組がダンスの練習をしていた。ここらへん、鏡も無いのにやたらとダンスの練習をしている人たちが多い。有名な場所なのかな?伝説のダンサーが練習していた場所とか。
 ライブはどのバンドも良かった。若い(若さにこだわりすぎて恐縮ですが本当に若いんです!)人たちのバンドがそれぞれ持っているものを表現しているのが面白い。みんないろいろな事を考えて、いろいろな表現の仕方を模索している。それはどのバンドだって変わらないのだ。もちろん俺たちもみんなと同じなのでそういうことを頑張って表現する。そしてライブがとても盛り上がったので最高に楽しくなる。特に昔の曲をやると一段階上の盛り上がりになるのを見て、なんでうちが呼ばれたのか分からなかったけどみんな昔からブレックファストを聞いていてくれてたんだな。と感動する。その感動をガッツに変えてさらに頑張る。今日のために作ったparanoidのゾンビTシャツやジンもよく売れた。本当に皆さんありがとうございます~!
 名古屋といえば宿泊は長楽!と決めている訳じゃないんだけど長楽に宿泊。そんな我々に気を使っていただいて、打ち上げは長楽近くにあるやぶ屋。打ち上げに出るなんてかなり久しぶり。そもそもライブの後に打ち上げがあるのが久しぶり。みんなが乾杯を待ってくれていてまた恐縮するが、恐縮ばかりしていても仕方ないので感謝の気持ちを会話で表そうと積極的に対バンの方々のテーブルへ行ってみる。だけどあんまり上手く喋れなかった。活動の長さや、ライブで喋らなくなったことなどいろいろ質問されたけど、あいまいな返事しか出来なかった。俺がバンドをやりながら何を考えてきたか、なんで喋らなくなったのか、そういうことをもっときちんと話せば良かったな。初対面でそこまで話すのは難しいけど、そこでこそ年上の度量を示すべきであった。すみません皆さん!質問の詳しい答えは次回で!
 ところで昔、ライブで名古屋へ行ったバンドは長楽に泊まるのが常識だったが、今はそんなこと無いらしい。打ち上げで長楽に泊まると言ったらみんなが引いてた。今の長楽は有名な心霊スポットで、霊感が強い人は入っただけで吐くそうな。そうなの?俺たちみんなでさっきまでのんびりしてたけど。なんて笑ってたんだけど、打ち上げ後に長楽の部屋へ戻ったら天井にシップがくっついているのを見つけて怖くなる。シップにちょっと血がついているから気持ち悪い。日の当たらない部屋の布団はよく見ると小さい虫が這っている。長楽のこの布団を使いたくないから寝袋持って来ていたんだけど、そんなこと言ってられないくらい酔ったのでそのまま眠る。
 翌朝叩き起こしに来た長楽のおばちゃんに天井に貼ってあるシップを教えると、まったく気が付かなかったと言ってた。後でホウキ使えば落とせるでしょ、だって。強い。
 名古屋を中心に展開するコメダ珈琲の名物、温かいデニッシュパンにソフトクリームが乗った「シロノワール」を食べたいとケイスケが前日から言っていたので、朝食を食べにコメダへ行く。コメダ裏の駐車場へ車を停めて駐車券を貰おうとするが管理人が居るはずのボックスは無人。このまま停めっぱなしでいいのかなと思っていると「ボタンを押して〜ボタンを押して〜」という女の人の声(おばちゃん)がどこからか聞こえてくる。長楽といい怖いぜ名古屋!どこからか聞こえてくる声が「声がする下に来て。声がするところ。」というので声の元を探して話しかけてたんだけど、実際声が出てるのは(インターフォンでした)全然違う場所だった。声の指示通りボタンを押して駐車券を貰う。
 スクランブルエッグトーストを頼んだら、挟んであるのはスクランブルエッグじゃなくてサンドイッチに挟む卵だった。ボリュームもかなりある。これ、サラダとトーストで良かったなと思う。「行きのインターから、今回は食に関する失敗が多いですね」とはケミー君の談。そうですね、俺なんて名古屋もコメダも来まくってたのに全然経験が活かされてないよ。唯一シロノワールを食べたケイスケが満足そうだから良しとしよう。
 オン リーディングという本屋さんへ寄る。ここ、凄くいい場所!外廊下から見える広い空とか。並んでる本の感じとか。光が行き渡る店内とか。面白そうな本や見慣れたみんなのジンが沢山並んでるので、ついつい居すぎてしまう。黒田さんが優しそうなので、物販で持ってきていたジンを見せたらお店に置いてくれるという。やったね!ありがとうございます〜!
 楽しいといいなと思っていた名古屋のライブはとても楽しいものになりました。皆さんありがとうございます。この楽しい気持ちを抱えたまま家にいるなんて無理、と思って翌日に行った江ノ島弁天ロッカーズも最高に楽しかったです。楽しさの反動で夏が終わる切なさが倍増している最中に楽しさを反芻しながら書く雑感。<%image(20120914-DSC02675.jpg|600|397|科特隊みたいなロゴだぜ清水インター)%><%image(20120914-DSC02678.jpg|600|397|イキフンに飲まれましたフードコート。目を引くピザーラ。)%><%image(20120914-DSC02680.jpg|600|397|みんなで休憩。まだ始まったばかり。)%><%image(20120914-DSC02681.jpg|397|600|あれ?KAWASEMIベーカリーだ。どうりでバンズが美味しかった。)%><%image(20120914-DSC02686.jpg|600|397|ギンギンギラギラの夏なんです)%><%image(20120914-DSC02688.jpg|600|397|対バンしたフリーシティーノイズのフライヤー。いい絵だな。)%><%image(20120914-DSC02758.jpg|600|397|ペティボン画伯とパラノイド画伯のTシャツが並ぶ物販)%><%image(20120914-DSC02770.jpg|600|397|これ、朝10時です(笑)窓のない部屋で気絶)%><%image(20120914-DSC02771.jpg|397|600|天井のシップを気にしながらもついくつろぐ)%><%image(20120914-DSC02779.jpg|600|397|「このダウンやばくないすか。」無数に繰り返された笑いの一コマ。)%><%image(20120914-DSC02780.jpg|600|397|レンガと木の内装が居心地良いコメダ珈琲)%><%image(20120914-DSC02782.jpg|600|397|シロノワールは意外と小さい。訳ではなくてたっぷりコーヒーのカップがでかいのです。)%><%image(20120914-DSC02783.jpg|600|397|スクランブルエッグトースト。挟んである卵を抜いた方が美味しいと思う。)%><%image(20120914-DSC02784.jpg|600|397|おばちゃんの声に指示されるケミー君)%><%image(20120914-DSC02785.jpg|600|397|on reading柔らかい感じの本屋さん。)%><%image(20120914-DSC02788.jpg|397|600|廊下を走ってはいけません)%><%image(20120914-DSC02794.jpg|600|397|頭、気をつけてね。)%><%image(20120914-DSC02800.jpg|397|600|そしてケミーは丘へ登る。)%><%image(20120914-DSC02847.jpg|397|600|静岡インターでS字立ち。)%>
 


top