BREAKfAST – breakmefast.com

フェレムと町田と連日遊ぶ。

 町田のリンキーディンクでスタジオライブ。燃えるぜスタジオライブ。
 ちなみに前日の10日にはfelemでBBQがあって、メンバー内で近頃最もスケボーしている男ケミー君と、同じ年の友達の中では最も髪を撫でつけている男、本田ポマードと三人で冬晴れの中参加のであった。
 ブンちゃんが「あの海賊船みたいなやつ」と表現した、フェレム名物の巨大なボウルは撤去されたと聞いていたけど、隣のランプと接している部分は残っていて、その一部にはかつての雰囲気が未だ色濃く残っている。大部分が無くなっても数多のスケーターが駆け抜けたボウルの存在と熱気はその場所に記憶のように留まり、コンクリートの地面だけになってもその巨大な存在感は失われていないように思える。フェレムはどんな形になってもフェレムだ。
 そして久しぶりに出てきたコンクリートの地面は、「ノーコンプライ」というスケーターのハートを鷲掴みする企画で、ブレックファストが始めてフェレムでライブをやった場所ではないか!懐かしい!あのライブの楽しさを文章で残したくて俺は雑感を書きだしたのだ。
 いろいろな感慨を感じつつストリートとミニランプを交互に滑る。俺は出来る技が少ないので、ストリートに飽きたらランプ、しばらくしたらまたストリート、というのが楽しい。オーリーっつうのは本当に凄い発明だ。
 お腹が空いたら、もはやセクションの一部となったBBQ台でヒデオ君が焼いてくれた肉とトルティーヤを貰い(ちなみに肉かエビかを選べる、そういう細かい部分の心遣いがにくい)、レタスと自家製サルサを好きなだけ乗せて食べる。BBQと言っても網に肉や野菜を無秩序に置くBBQとは全く違うのだ。美味い。あとデカイ鍋に大量に入ってたぶり大根も凄く美味しかった。

 その翌日のライブだったんだけど、場所が町田だったのでライブ前にスケボーする。ケミー君とデスロウに連れられて相模原へ。おー、ここのバス乗り場で昔スケボーしたなー。懐かしい。
 ダフィースタイルというスケボー屋さんへ行く。雰囲気のよいお店で、壁に飾ってある品々を興味深く眺める。こういうのを見るのが好きなのだ。ケミー君とデスロウと店長さんとの会話を聞いていると、みんなかなり仲が良さそうだ。なんかいきなり凄くスケボーにのめり込んでるよね。
 ダフィースタイルのランプで滑る。仲良くなったから出来る使い方だと思うんだけど、お店で鍵を借りて、車で少し行ったところにあるビルの中へ入る。そのビルの一室にミニランプが設置されているのだ。滑るまでの過程というのはスケボーメンタルとしてスケーターに影響してくるものだが、ここのシステムも面白いなー。楽しく滑らせていただく。
 町田へ行ってライブ前にラーメンを食べて、ケミー君に連れられて2tightというお店へ行く。ここ、G-RAPの専門店。CDのジャンル分けがブラッズとクリップスでされてる!すげーな・・・。でも一方でsun beam sunのポスターも貼ってある!すげーな・・・。懐が深い店なんだなー。
 それにしても、ダフィースタイルといいこのお店といい、ケミー君の交友関係には驚くばかりだ。あんな学生みたいな風貌なのに、全ての場所で全ての人と仲が良いではないか。あの風貌だからこそ打ち解けるのか?いや、あの押し殺したような吹き出したような、独特の笑い方がみんなの警戒心を解くのだとみた。
 久しぶりのスタジオライブ、燃えて臨んだのはメンバー共通だったんだけど、陽君が脱いだ服を顔に巻きつけ、目隠しでドラムを叩くという奇行に走る。ん?どうしたのかな陽君?発露した盛り上がりが変な方向行ってるのかな?盛り上がりの行方が予想外の方向へ向かう気持ちは分からないでもないけど、大丈夫かなー?と思いながらライブ開始。
 駄目でした。ブレックファストのライブペースから考えると久しぶりのライブだったから気合い入れてたんだけど、演奏がガタガタで、途中止まったりもしちゃって、うわーって思いながら何とかライブを終える。
 今日の対バンの中でブレックファストは年長の部類に入ると思うんだけど、他のバンドはきっちり演奏していて、俺たち年上なのに・・・本当みなさんすみません。と思う。もっともっと頑張ります。
 疲れて乗った帰りの小田急線では熟睡。新宿、相模大野間をケイスケと行ったり来たりするのであった。
 
 


top