BREAKfAST – breakmefast.com

小岩ブッシュバッシュでthe act we actのレコ発だよーん。

 小岩ブッシュバッシュでライブ。ジアクトウィーアクトのレコ発。ジアクトの皆さんおめでとうございます~。名古屋や岐阜で一緒にやったのが懐かしいね。
 今日の対バンは踊らせるハードコアばかりで文句なしに盛り上がったが、ティアラとジアクトはリズムがうねりまくっていて、見ていて特に体が揺すられた。ぶっといリズムの爆音って文句無しに格好いいYO-NE!体が動かずにいられない。
 負けじとBREAKfASTも頑張ったけど後半少し減速。久しぶりのライブだから気合いが先行しすぎたのかも。バンドのボーカルやってますなんて言うと、じゃあ歌が上手いんだとか言われるけど、誇れる程の歌唱力が無い俺にとってライブとは、歌うというより声も含めた体全体での自己表現と言うほうが合っている。言語化出来ない気持ちを言語化しないまま叫ぶ。叫ぶだけの気持ちを何とか伝えたくて体を動かす。表現なのかコミュニケーションなのか、詳しく判別しないまま見ている人にぶつけてみている訳だけど、そんな俺の考えも、コズミックのデスロウの氷室化とクロムハーツのタンクトップも、ティアラの熱意と熱気も、ジアクトの混沌とした壮大さと五味君の素朴さも、全ては爆音に包まれてハードコアというジャンルに収束する。ハードコアが偉大で素晴らしいのはその懐の広さと振り幅だ。もやもやしている奴は全員今すぐハードコアバンドを始めたらいいと思う。以上、今日のライブを経験しての感想。
 なんでそういう事を思ったかというと、ビール片手に宮Qと話していたらバンドと人柄についての話になったから。面白い事を色々話す宮Qに踏み込んでみようと思って「宮Qって食べられない物とかあるの?」って聞いたら(俺の思考の中心はいつだって食べ物なのだ)「砂利とか?」だって。ウケた。
 しかし久しぶりに出た名言は宮Qの砂利発言では無く、横の髪を剃り落とし、上の部分の長髪をオールバックにしてライブに臨んだ陽君を見ての、エンジェルO.D.井上君の賞賛コメント。
 「陽さんのあのオールバックモヒカン、『クローズzero』の小栗旬みたいで超格好いいッス。」
 それだ!モヒカンオールバックをディスチャージのキャルとしか形容出来なかった自分の偏った発想力に幻滅。


top