BREAKfAST – breakmefast.com

マンボル

 「明日は最高の一日にしましょう。」これが前日ストラグル・フォー・プライドの今里君から届いたメールだった。勿論だ!そして26日は最高の一日となった。

 朝起きて、外の明るさから晴れていると確信した瞬間から胸の高鳴りが止まらない。ブレックファストにスケボーのイメージがどれくらいあるかは解らないが、そういったバンドのイメージを軽く越える程俺はスケボーが大好きだ。 数日前に友人と会っていてこういう話になった。「スケボーに中毒性はあるか?」結論は「有る」だ。技の大小にかかわらず決まった瞬間の感覚は永遠に頭の中に刻まれる。それはスケボーをしていない時でも常にイメージとして残り増幅されつづける。自分を少しでもそのイメージに近づけるために、さらなる感覚を喚起させるために、その記憶だけが俺をアスファルトへといざなうのだ。

 昼間は三鷹のパークで滑り、夜はワッツで行われたナカザワ編トキシック・パンクに出演する。言葉にするとそれだけのことだが、スケートとライブという、似ているようで全くベクトルが違う(と俺は思う)二つの出来事が、同じ位激しく盛り上がった事にこの日が最高となった原因が有る気がする。ECDやカボチャック等、ハードコア以外のバンドも出ていたのだが(ECDはソロであった)、それらによって俺は空高く舞い上がり、怒濤のハードコアサウンドによって俺は地面に叩きつけられた。ブレックファストは一曲ECDと合体する。それも最高だったはずだがどうだったのだろうか。

 ライブ後、今後のライブ予定を聞かれたので二万Vでやる、と答えると「あぁマンボル」と略されてびびるが、そういえばタロクンはガンダムの事を「機動戦士」と略すから、マンボルも有りかな、と思った。


top