BREAKfAST – breakmefast.com

ワンマン!

 小岩のブッシュバッシュでワンマン。ブッシュバッシュが企画したワンマンスという連日のワンマン企画の一環に誘っていただいたのだ。凄く思い切った試みですね。ありがとうございます。
 リハ後にメンバー四人で近くの銭湯、友の湯へ行く。名前がいいね、友の湯。友達ん家の風呂に入る感覚で来てね。って事かな、違うかな。
 ライブ前にメンバーで銭湯へ行くといっても、クライングフリーマンのような包み隠さず決意を新たに的な事ではなくて、なんかケイスケが入りたがったから。あと陽君が電車好きだから。
 友の湯というのは、店内に九畳分のHOゲージジオラマを展開する、電車マニア垂涎の銭湯なのだ。
 しかしこの銭湯で俺が興味を惹かれたのは、風呂上がりに飲むポカリやコーヒー牛乳と並んで冷蔵庫に入れられている大根やキャベツ、何故か下駄箱で売られている焼きそばといった、状況を考えずに浸食してくる日常であり、「パソコンアート」と題されて脱衣所に誇らしく飾られた、エアーブラシを多用しすぎて何やら輪郭がよく分からない淡い竜虎図に見る、銭湯とは繋がりが無さそうなツールをも取り込んでしまう、生命力の強さであり、湯船の後ろのペンキ絵は当然雄大な富士山であろうと決めつけていた我々の、下町の銭湯はかくあるべき、という勝手なイメージを粉砕する、妙にファンシーな森と猫たちという題材のタイル絵であった。聞けば電車にもそれほど興味無いらしい。
 しかし軟水のお湯は柔らかくて心地よかった。

 昭和通りという商店街を歩きながらブッシュバッシュへ戻る。途中の酒屋でビールを買ったら、レジ台が計りになっていたのでついでに計る。サッポロ黒ラベルの350ml缶は390g也。よし。

 373君が凄く俺を盛り上げてくる音楽ばかりを流すので盛り上がる。なんかこう懐かしさの漂い方が絶妙なのだ。酔う→盛り上がる→寝る。といういつも通りの展開をして、目が覚めればみんながいる。素晴らしい。
 というわけでこれ以上無いタイミングで一回目のライブ。最近はなかなか堂々としたライブ(ま、あくまで自己判断ですから)を毎回やっていたが、その集大成のようなライブであったと思う。一心不乱でしたね。
 休憩。DISCHARGEがアンビエントで落ち着かせるのか、上げてくるのかどっちかなと思ってたら、刺激的な選曲で上げてきたので、ライブの続きのような昂揚感でココナッツカレーを食べる。ブッシュバッシュってご飯が本当に美味しい。この日、俺はパスタを二回食べて(ジェノベーゼとシメジ和風、両方美味しいよ)カレーを一回食べた。ブッシュバッシュだけで三食だ。
 陽君のドラムソロをやってから二回目のライブ。昔の曲ばかりをやったら皆さん盛り上がってた。やっぱワンマンに来てくださるくらいだから、昔からBREAKfASTを好いてくださってる方ばかりなのだろうと思う。ありがたや。集客心配だったけど、意外と人がいた。なにより友達が多数いたのが嬉しかった。
 ライブ後、実家かと錯覚するくらいリラックスしてしまう音楽をHOLIDAYが流すのでゆっくりする。会話も非常にスムーズ。ライブ後の雰囲気かくあるべし。と言いたくなるほどの完璧な展開であった。今回のワンマンが予想を遙かに凌駕するくらい楽しかったのは、三人のDJが心の底から素晴らしかったからだと思う。

 後日、陽君が熱だして寝込みました。ライブの疲れが出たんでしょう。
 そういえば帰りの総武線で向かいに座っている陽君が「コマネチ」みたいな変な動きを無言でしているので、なんですか、それ?と聞いたら「ロボタケシ」だって。あの時から熱は始まっていたとみた。


top