BREAKfAST – breakmefast.com

エンドレスエイト

 ハルヒのエンドレスエイトはまだまだ続くようなのでだらだら見ることにする。他は「青い花」と「宙のまにまに」を見てる。それよりも村上春樹の「1Q84」が面白すぎて抜け出せない。ここ数日はこればっかりを読んでいる。買おうか買うまいか、そもそも売ってないなと思ってた矢先に図書館から順番が回って来たとの連絡があったのだ。予約してみるものですね。
 隠喩が込められているとか、宗教的だとか啓示的だとか、村上春樹の解説本はその裏にあるメッセージを汲み取ろうとするが、村上春樹は、その物語が持つ圧倒的な力が何よりの魅力だと思う。余計な事を考えずに引き込まれて行く心地よさが心地よい。できればヤナーチェックを聞きながら。あとふかえり可愛い。

 オーリーから取材の申し込みを受けたので、ハヤトの店でハヤトと撮影してもらう。ヴェニス直系のオールドスタイルスケーター特集だそうだ。そんなアイテム全くないので(バンズ持ってないし)、やんわりと辞退しようとしたのだけど、大丈夫ですよと編集の方に言われたので参加。とりあえずバンダナ巻いておけばなんとかなるかなと思ってバンダナ巻いてスケボーで下北へ行く。途中で超見られる。バンダナって珍しいのかな。
 編集の方の差し入れはハイエナジードリンク、レッドブルであった。初めて飲んだ。しかも二本。だってハヤトとかコーヒー飲んでるからいらないって言うんだもん。
 撮影が終わった頃からレッドブルがキマりだして、昼下がりのハヤトの店でだらだらお喋りに興じる。一度帰るつもりだったけど、今日はこのまま恵比寿へ行こう。
 
 恵比寿で太郎と待ち合わせて、スケボーでラストギャラリーへ向かう。ラストギャラリーで現在やっているジン展に蔵本君から誘われて、以前正樹と作ったジンを出展したのだ。
 久しぶりの晴天はこの夏一番とも思える強烈な日差しだが、そんな暑さの中でスケボーをやるのがノスタルジックで楽しい。やっぱ昼間のスケボーは楽しいね。広尾のマンション入り口でちょっとやってたら警官が来たから移動。
 ジン展。良かったです。みんなハイセンスだね。俺たちのだけ創作のベクトルが違ってる気が・・・。
 四の橋バンクへ行くが難しくて遊べない。上手い人はどうやってここ使うのかなー。ついでに古川橋のバンクへも行こうとするが場所がよく分からなくて諦める。あれ?もっと一の橋の方だっけ?あ、お祭りやってるからちょっと行ってみようよ。こんな感じでスケボーでフラフラするのが楽しいのだ。何ってったって夏の夕暮れ。古川橋の車の喧噪とお祭りの出囃子と蝉の声が重なる中をプッシュする。

 汗でべとつく体を冷やそうと恵比寿の飲み屋へ入る。しばらくしてから友達が沢山来て、正史の合格祝いをやりました。正史おめでとう!
夏を満喫した一日だったなー。


top