BREAKfAST – breakmefast.com

千葉へ行く 車内編

 サクラモンテでブラックフォレストやってるって。じゃあたまには踊り狂いながら年越ししますか!って相談を太郎としていたので、オッシーも誘ってみればレンタカーを借りて行くとの返事だったので乗せてってもらう。
 自宅前でオッシーに拾ってもらって挨拶を済ませた後にいきなり交通費について言われる。

「レンタカー代とか俺が出すんだから、お前ら(俺と太郎ね)で高速代出せよ。」

 高速代くらい払うけどいきなりそこ確認?つうかレンタカー代はいいんだ。強気な口調なのに結構気前良いじゃん。何、いつもみんなを乗せる時はお金貰えてないの?

 「相手の機嫌次第だな。」

 お前・・・可哀想なやつだな。

 「うるせー!みんながセコビッチ(セコイの意)なんだよ!」

 悪態をつきながらのオッシーの運転は超弱気で、高速を60㎞で走ったりするのが逆に怖いから途中で俺と運転交代。

 「お前ー、運転代わった事はみんなに言うなよー。俺が情けなく見られるから。」

 こいつの意味不明の強気。ちょっとラッパーっぽいかも違うかも。
 
 車内の会話は終始オッシーの強気な世相切り発言で展開するが、その裏に見え隠れする会社倒産に対する不安が彼の本心と見るべきであろう。
 
オッシー「だいたいお前らは俺の事分かってないからそんなに強気でいられるん・・・」
太郎  「あ、東京タワーのライトアップがいつもと違う。」
オッシー「え、どこどこ?」

車は湾岸線に入る。

オッシー「去年レインボーブリッジ渡った時〜、写真撮ったら1月1日の1時11分だったんだぜ〜、お前らじゃそんな事出来ねーだ・・・。」
太郎  「うわ!レインボーブリッジのライトアップが虹色になってる!」
オッシー「本当だ・・・。ちょっと写メ撮るから時速30㎞にしてください。」

千葉駅付近からオッシーのテンションが大幅アップ。
 
「現場に合わせてテンション上げる俺ってプロじゃね〜?」

現場って何?プロってなんの?
一方ラジオからはヴァンヘイレンのジャンプが流れてくる。

「お〜、ラジオも俺を盛り上げるじゃん。そろそろみんなに目撃されそうだから運転代わるか?」

続く


top