BREAKfAST – breakmefast.com

レイザーズ・エッジ企画

 大阪は十三にてライブ。我々のアルバムを出してくれた西川君のバンド、レイザーズ・エッジの企画であり、アルバム発売直後ということもあって、銘打ったわけでは無いがレコ発っぽい雰囲気でやろうと西川君から言われていた。つまりブレックファストがトリということだ。

 しかし我々の出番前に客がいなくなる事態が予想されるため、トリというのは謹んで辞退し、トゥモローがトリを飾ることとなる。結果大いに盛り上がったトゥモローのライブを見て、やはり譲って良かったと安心したものである。 「大阪のイメージ、東京のイメージ」というトークで芸人の話なんかをしたのだが、いまいち反応が薄かったので、大阪の人間といえども全員がお笑い好きではないのだな、と思っていたらライブ終了後、及び打ち上げにて猛烈に話しかけられる。ほとんどの人が「オールザッツ漫才」は全国放送だと思っていたみたいだがそんなはずないっつうの!去年はケンドーが優勝したんだねぇ。
 十三という町を散策していると、店の前にバーベルを放置しているたい焼き屋を発見。持ち上げればタダになるというので挑戦するが失敗。重かったぜ!しかもよく見るとたい焼きでは無く洋食焼き。見た目はたい焼きだが、中にキャベツとベーコンを入れた食べ物で、店のおばちゃんいわく、これからの時代を生き抜くための新しい味らしい。ベーコン入りか無しかを選べるのだが、キャベツだけ食べてもしょうがないのでベーコン入りを注文する。味のほうは、中身はともかく皮がまずいので、あの店は新しい挑戦よりも基本の改善をするべきだな。

 ライブ後、一人で宝湯という銭湯へ行く。壁に書かれた泡風呂の説明に「ソフトなビートがあなたの血行を促進します」という一文があり衝撃を受ける。ソフトなビートなんてクーリオ以降巡り会ってないな。
 帰りの高速で車がガス欠で止まってしまい、大変なこととなる。ミニストーブを焚いたり、寝袋にくるまったり、ランプを持って外へ出たりと、高速道路のど真ん中でキャンプ気分を味わう。この最中に俺が気をつけていたことは以下の二つ。

 知ったような口をきかない
 ひとが言った意見を繰り返して、自分の意見ぶらない

ハプニングに興奮して、現場を混乱させないように気をつけたわけだ。車についての知識が無いから的確なことは何も言えないしね。ちなみに俺が的確なアドバイスを与えられる状況はこんな時。
 スケボーのキングピンが折れた!

答)金槌で叩いてはずせ!
 ベアリングをとりかえたい。
答)トラックのはじに引っかけて、クイってやれ!
 あの子が好きになっちゃった、どうしよう。
答)その答えはお前の胸の中にあるはずさ・・・。
 最近買ったいかしたアルバムは何?
答)しらん


top