BREAKfAST – breakmefast.com

電脳コイル間違ってたわー。と、あるカフェへの苦情

 電脳コイルってマッドハウスじゃん!プロダクションIGだと思ってたー。恥ずかしい・・・。
 あ、フォローアップ出てるじゃん。これが完全版の原稿です。

「愛想と愛嬌」

 あのさー、下北の靴屋の向かいにカフェあるじゃん?ケーブビーってライブハウスの上でレコファンの隣り。名前は知らないんだけど、あそこって昔はスペシャがやってるカフェだったのよ。だからその後何回もオーナーと店名が変わったらしいんだけど未だにスペシャカフェって俺たちは呼んでるんだけどさ。あそこは安いし深夜までやってるから結構行くのよ飲んだ帰りに。店員の女の子も愛想良くて可愛いしさ。カフェとかで愛想が良い子ってもう素晴らしく可愛く見えない?あれ何なんだろうね。労働を苦にしない笑顔と働く汗が女の子を輝かせるのかね?バイト用であろう(その子にとっては)二軍のTシャツとかがまた可愛いんだよねー。ボロいんだけどさ。王子がシンデレラを見抜いたのはガラスの靴がはまったからだけじゃないよ。働く子が可愛いからだよ。

 一人凄い入れ墨が入っている子がいるんだけど、その子の接客が一番好きね。メニューについて質問しても厨房に聞きに行ったりしないでスッと答えるし、酔って意味不明な事を俺が言っても笑顔で返してくれるし、入れ墨格好良いし。

 そんなこんなで気に入ったカフェだからちょいちょい行ってたんだけどさ。・・・やっぱ飲食店の善し悪しって店員で決まるよね。あんなに好きだった眠亭も二階の店員が最悪過ぎてもう何年も行ってないもん。

 その日は珍しく昼間にスペシャカフェ行ったのよ、太郎と。そんでコーヒー飲みながらくだらない会話してたんだけど、太郎のすぐ後ろでレジに立っている女の店員が、もう一人の女の子の店員を呼んだのよ。その呼び方が、険があるっていうかさ、トゲが凄いの。もう牙むく発声。別に俺が呼ばれてる訳じゃないけど、客前なんだからもうちょっと愛想良い声だせよなー。って思いながらその女を見て。ん?まー30才くらいかな。店員に持っていて欲しい物ナンバー1、愛嬌を全く持ってないようなキツイ感じの人でさ。キツイ感じでもう一人の女の子に注意してるのよ。その理由がさ、レジの横にふきんが四つ折りになって置いてあったんだけど、ふきんの折り目がレジを向いて置いてあったのね。それを持って、呼びつけた女の子を見ながら、「ふきんの置き方はこう!」って言ってふきんをひっくり返したのよ!驚いたぜー。だってふきんの置き方なんてどっちでも一緒じゃん!別に客が座るテーブルでもないし、レジの置いてあるカウンターだぜ!?それならレジ横の乱雑なポストカードを整理しろ。って言いたいよ。なんだろうね。折り目の向きが決まってるのかね。あの女の中では。注意の仕方がまた嫌な感じでさ、俺の座る位置からはどうしても目に入っちゃうから見ない訳にはいかないんだけど、そんな事で客の気分を害すなよと思ってたわけ。その後も俺たちのテーブルで接客中に他の店員に注意したりしててさ。俺のコップに水を入れながら厨房向いて「それ違う!」とか言うの。こいつ嫌な奴だなーと思ってたら、そいつがレジに戻る時に、俺の向かいに座って足を組んでる太郎を見て、「ここ通路なんで、足組まれると邪魔なんですけど。」って言ったのよ!マジよマジ!えー!でしょ?こっちは客だぜ!コーヒー飲みながら足ぐらい組ませろよ。それで通路が狭くなるならお前の店の配置を考え直せよ!不都合の改善を客に求めるんじゃねぇよ!って思いはとっさに言葉にならなかったから言えなかったんだけど、もう驚いちゃってさ。それ以来あの店大嫌い。嘘、今でも好きだけど行きづらくてさー。行く時は外からあの嫌な店員がいないか確認してから入るんだよね。他の店員はみんな良い人っぽいから、もうちょっと仲良くなってあの嫌な店員のシフトを教えてくれないかな。そうすれば心からリラックスしてコーヒーが飲めるのに。
 


top