BREAKfAST – breakmefast.com

千葉でスーパーバッドを見る

 2週間前から楽しみで仕方なかった旅行へ。千葉にある太郎の別荘へみんなで行く。
 9時に代々木上原で待ち合わせだから、8時に起きて8時半に家を出ようと思いながら前夜就寝し、寝過ごした!という焦りと共に跳ね起きると時計が指すのは朝7時。まだ七時かー、と再び眠るが寝過ごした!と跳ね起きる憔悴起床はその後5分ごとに訪れて、旅行前の心臓への負担が心配になって来たので7時半にベッドから出る。

 ガレージのミニランプでスケボーしたりとかスーパーでワイワイ言いながら買い出しとか海を臨むテラスでのバーベキューとか、それらがもうどうしてくれよう!ってくらい楽しいのは勿論だけど、毎回の千葉を思い出した時、あんなに記憶がキラキラしているのは、思い出の先頭に来る印象的な出来事の隙間を埋める時間でさえも楽しく、そんな些細な時間に爆発的な笑いが起こったりして、まるで竜宮城のように楽しさが永続されているからなのだ。
 ミニランプセッション中にガレージからビールを取りに冷蔵庫へ行く途中で、テーブルに座って話していた数人との会話が思いがけず盛り上がったりとか、バーベキューの後に疲れて座りこんだリビングで見た映画が面白かったとか、巨大すぎる蜘蛛にパニックに陥った事など。それが繋がって全ての時間を笑顔で満たしているからなのだ。

 今回の千葉では「スーパーバッド」という映画を見ました。凄く面白かったです。青春映画にバカの要素は欠かせないと思います。 


top