BREAKfAST – breakmefast.com

エクスクレイムの企画で二万V

 すべった、以上。で終わらせたいほど今回は雑感を書きたくないのだが、最近雑感がどんどん短くなってきている気がするので、もう少し書こうと思う。
 
 ブレックファストとメンバーを共有しているエクスクレイムの企画で二万Vに出演。熱いバンドが集まった文句無しのハードコアギグ。仲の良い友人も多数見に来てくれて、客も入り、最高の状況だったのだがトークを驚くほどはずす。最近のライブではトーク無しが続いていたため、今回も話すつもりはなかったのだが、(出演バンドが多く持ち時間も短かったし)何人かに「トーク期待してるよ」と言われて、無理やり話したのだ。「日暮里での女の喧嘩」という話。やはり普段から喋っていないと腕がおちるな、と思った。しかしかつてバンド界の御大からこう言われたことがある 「バンドの勢いじゃなくてさ、お前個人の力量で喋ってるんだからそりゃ滑るときもあるだろ。でもな、大いにはずす時があって、最高にうける時があるからブレックファストは最高のバンドなんだぜ。」(うそ)
 トークのせいとは思いたくないが、演奏も失敗。後半は聞いている人は何の曲をやっているか分からなかっただろう。演奏面の失敗はライブ終了後緊急バンドミーティングが開かれる程の重大問題へと発展する。

 二万Vの前でスラスラのメンバーと「愛なんていらねぇよ、夏」について話す。ベースのイサクンは特に好きらしく、前のめり気味で熱く語っており若干引いた。毎週見終わると、今回良かった所をメールで送る。と言っていたので、「じゃあ僕にも送って下さい。」と言ったら、なにやらまごついているので、詳しく問いただすと、どうやらジェイフォン同志じゃないとメールが出来ないとおもっていたらしい。(イサクンはジェイフォン、俺はドコモ)あぁ、スライトスラッパーズって本物のハードコアバンドなんだな、と改めて感じた。
 この日の名言は、見に来ていたスパイマスターのボーカルに言われた一言「僕高橋じゃなくてタカシです。」森本雑感12、訂正です。


top