BREAKfAST – breakmefast.com

ドゥームライダース最高

 ネストでライブ。ドゥームライダースというアメリカ(ボストン)のバンドと一緒だ。リハ前に6階のカフェでくつろいでいるとドゥームライダース到着。持っていたコーヒーを思わず落としはしないけど、ちょっとカップが揺れるくらいの衝撃は与える良いキャラが先頭。キャップにTシャツという普通の出で立ちながら、(スーパー)マリオばりの髭を蓄えてらっしゃるではないか!うーん、アメリカ。こいつは多分ドゥームライダースのドゥームの方だな。
 ライブ・・・何となくやりずらいと思っていたけど実際は結構燃える。客席にものっているらしき動きがあってやりやすかった。コンパクトに展開する曲順も客を飽きさせないで良かったと思う。珍しく曲間で合いの手程度の喋りを入れていたら結構反応が良くて調子に乗る。で、途中酒井君が甲高い声を出してきたのでマイケル・ジャクソンの物まねに切り替えてすべる。つうか見ている人が物まねだということさえ理解していない。やべー、調子乗ったー。
 特に何も考えてはいないんだけど、ネストは初めてだから俺が喋るっつうところを見せておかないとね!と意味不明の義務感を勝手に感じてよせばいいのに喋る。本当によせば良かったよ。と喋りながら思うほどの静まり。中学時代の同級生、リアルについて話す。
 ところでドゥームライダース超格好いい!曲もいいけどボーカルの勢いが最高!しかもさっきのマリオの人がボーカルなのだ(ネイトという)!キャップを取るとフレディー・マーキュリーそっくり(くりそつ)ですね!もう一曲一曲のたびに叫ぶんだけど、その言い方が完全に振り切れてて超イカス!Next song!Great fuck’in tune!とかshibuya-!とかを(いちいち)叫ぶので思わずレスポンス。arigato!にはいいえー!shibuya-!には円山町!と返す。
 ライブ後CDを貰ったので思わず全員にサインもねだる。ついでにお喋りしているとネイトがスケーターという事実が発覚。えー、そんなフレディー・マーキュリーみたいなルックスなのにー!?どんなスケートすんのー!「主にボウルだね。あとバーチとプール」おおぅ、まさかのバーチライダー。さすがアメリカ。そのルックスといい、もうエルブリ認定でございます!ということでTシャツをあげよう。


top