BREAKfAST – breakmefast.com

さむくて面白い

 ワッツにてブレックファスト仕切りのトキシック・パンク。いつもとは違う出演バンド達に緊張する。リハ後、トキシック・パンクリーダーのワタゾウ君とコンビニへ向かいながら交わした会話は以下の通り。
 俺   「あ~あ、やりきれねぇなぁ。」
わたぞう 「どうしたの?」
 俺   「今日は知らない人たちが多いから緊張してるんですよ。居場所もないし・・・。」
わたぞう 「えっ、だって今日はブレックファスト仕切りなんじゃないの?」
 俺   「バンドが仲良くても俺が心を開くかどうかは別なんですよ。」
わたぞう ワッツ前で喋っている出演バンドの人たちを見て
     「じゃあ、あの輪に入っていきなよ。」
 俺   そんなワタゾウ君を見て心の中でつぶやく
     (昔はこの人とも仲良く喋らなかったなぁ) そんな俺も今回はホスト側の人間として積極的に対バンの方々と話す。特に日本脳炎とは、バンド名を脳下垂体と間違える、というお約束が出来上がるくらい上手く話せて良かった。ゲクソダスはドラムの女の子が凄く小さくて(しかし精密にできていて)さわりたかった。スパイマスターはボーカルの方に手袋について尋ね、最終的には「スチュワーデス物語」にまで話を展開させたかったのだが、とうとう話す機会が無く、残念。
 トークは「さむくて面白い」という村上ショージっぽいのを意識してやったのだが、うまく落とせずにいつまでも話が終われなかった。失敗。
「こんにちは森本です。髪切りました、ベッカムカットです(別にベッカムカットになってない)。」
静まりかえる客、ベースの岡君の方へ振り向いて
「岡君、すべってるってこういう状態のこと言うんだよ。」
と、こんな感じで進めるつもりだったのだが、ベッカムカットのところで予想外に受けてしまい、肩すかしを食らうとともにその後何かがずれる。あ、これくらいでそのくらい笑うんだ、という自分の予想と実際のハードルの高さの違いにとまどった。
 この日の名言は、俺とギターの酒井君が狂ったように言い続けていた一言

「これからはスケートよりトランスだよ。」トランスを最先端と信じ込んで言うのがポイント。


top