BREAKfAST – breakmefast.com

言うこと聞くような奴らじゃないぜ by ECD

 日芸の学祭でライブ。芸大へ通ってる女なんてブスばっかだろう、と思ってたら可愛い子ばかりでとても驚いた(これをライブで話したら超引かれた)。それはともかく日芸校内はどこもとても路面が悪い。こんな路面ではスケボーする気はとても起きない、生徒にとってはどうでもいいだろうけど。 お腹が空いていたので着いてすぐに何か食べることとなり、スタッフをしている学生に何が美味しいのかを聞いてみる。どこかのサークルがやっているカレーが美味しいと言われるが、現物を見せてもらうとビジュアル面からすでに厳しい感じを漂わせていたので、校内での昼食はあきらめて外へ行き大勝軒という中華屋を見つけて入る。

 店内にいた唯一の客が食べていた、鉄板焼きみたいな定食が美味しそうだったので(鉄板の上で牛肉、キャベツ、もやしが炒められている料理。それにご飯とみそ汁。)おばちゃんに「あの人と同じやつ下さい。」と注文する。「あぁサービスセットね。」と言われて10分。出てきたのは卵ときくらげとタケノコと豚肉の炒め物、それにラーメンではないか。うーん、これ全く違うなー。かすってもいないなー。俺の出した問いに対して0点の回答だなー。しかし店の雰囲気とおばちゃんの人柄(会話していないので予想人柄)を考慮して良しとする。

 大きめの教室でのライブなので机と椅子があり、数十人がまばらに座ってライブを見ている。こりゃーやりずらそうだ。入り口には貼り紙、「ダイブや暴れたりしないで下さい」学校側はどうやら盛り上げたくないらしいので、どうしようかと考えたが結論は出ないまま出番(トリ)。とりあえずスケボーに乗ってステージまで行ったら即注意された。でもそれが学級委員みたいな女の子だったので何だか懐かしくなってくる。昔もよく注意されたなー。

 ステージに上がると酒井君から「時間が無いから最悪の場合は途中で電源落とされるかもしれないって。時間の限りめちゃくちゃやろう。」と言われて吹っ切れる。そうですね、いつも通りやるだけだよね。まーでも企画してくれた子と学祭委員会の間で揉めさせるのも悪いし(上記の学級委員みたいな子など、数人の委員がライブをチェックしていた。企画の子はライブ前から何かと注意されていた。)、ちょっとは気を使おうと思ったので、演奏が始まった途端に靴を脱いで机に乗るが速攻で委員会の生徒に足を押さえられる。えー、これでも駄目なのー?そのまま通路(席と席の間ね)で歌うがそれも駄目らしく数人にステージへと押し戻される。
 しかしステージがかなり狭いのだ。前後の幅が短くて満足に動けないし、ギターやベースに手が当たりそうになる。なのでやはり机の上で歌うしかないではないか。気持ちも盛り上がるし。後半はこの日対バンしていた赤い疑惑のアクセル長尾が委員を押さえていてくれたので(サンキュー)足はあまり捕まれなかったが、その代わりステージ脇からマイクのシールドを引っ張られてしまう。俺を進ませないようにするためだ。なので最後はマイク無しで机から歌った。

 ライブ後のトーク(つうか俺の授業)は今起こった一連の事について。やっていい事といけない事を決めるのはいつでも自分自身だ。盲目的に決められたルールに従うのでは無く、自らの意志で行動を決めるのがハードコアなんだ。80年代初頭に起こったストレート・エッジを思い出せ。法律で決められているから吸わないんじゃない。俺たちは自らの意志でタバコも酒もやらないんだ。そう、MY RULESだ!
 と、今考えればこんな格好良く書けるけど、そんなことをもっと普通に喋る(ハードコアとか言わないで)。授業っぽくか説教っぽくなっていたことだろう。しかし寂しくなりそうなライブを、思いっきり盛り上がって出来たから大満足。
 ライブ後打ち上げがあるというので勿論行き、日芸の女の子と交遊を深めていると(超楽しかった)かなり遅れて企画者が登場。俺が机に乗ったせいで今まで委員会に怒られていたそうだ。彼女曰く(企画者は女の子なのだ)ヤンキーのりの委員長に最後はカス呼ばわりされたらしい。ガーン、それを聞いてその場にいた全員が怒る。俺も。
 彼女が委員会に怒られた理由は二つ、まずはBREAKfASTが色々規則を破ったことに対する(机に乗っただけだけど、くだらん)企画者としての責任。もう一つは俺を机から降ろそうとする委員たちを止めていた(というかなだめていたらしい、サンキュー)から。企画者なのに止めないとは何事だ、ということ。それでカス呼ばわりとは本当に腹立たしい。

 その委員長のヤンキーぶりが(企画者の子がやたら言うのだ。ヤンキーっぽいヤンキーっぽいと。ヤンキーなのに委員長、湘爆の権田みたいだ。)どの程度か知らないが、企画者が男だったらそこまで言っただろうか?いや、絶対にそこまで言わなかったはずだ。文句があるのならBREAKfASTに直接言えば良い。机に乗るのがそんなに問題ならば、何故乗ってはいけないかを委員会から直接説明するべきだ。ライブ中何かと柵に上る俺だから学祭でも机に乗るくらいは容易に想像出来るし、問われれば何故乗るかも俺は全力で説明しただろう。机に乗る事、叫ぶ事、手を振り上げる事、踊る事は俺のパフォーマンスであり、 BREAKfASTとして呼ばれたらどんな場所でもそれを思いっきりやるのが我々の役目なのだ。それがどうしても問題あるならお互いの妥協点を模索すればいいんじゃないか?俺はそれを思って机に乗るときはわざわざ靴まで脱いだのだ。なのに何故止める?机に乗ってはいけない理由は汚れるという事以外にもあるのか?理由が分からなければ降りられない。
 それでも群がる委員をなだめた企画者の行為は正しい。委員が次々と止めにきたら必ず大きなもめ事となったであろうから。
 事前にBREAKfASTの音源を聞いた委員会は、「演奏しても良い曲を指定します。」と言ってきたそうだ。彼らも日芸の学生だろうに(しかも若いんだぜ)、芸大の生徒が表現にたいして検閲や規制をしようとするとは驚きだ。
 しかし打ち上げは大いに盛り上がったのであった。


top