BREAKfAST – breakmefast.com

川崎チッタクラブでセッチュー

 川崎チッタクラブでセッチュー。一番目と言われてリハもあるので驚愕の10時半入り。リュックにBfTシャツを詰め込み、片手にエルブリTシャツ、片手にスケボーで 9時に家を出る。南部線に乗りながら何となく合宿へ向かう気持ちになる。
 一時のスタートまで暇なのでスケボーしに行く。先日見たトランスワールドのDVDが面白かったのでずっとスケボーがしたかったのだ。今日のライブは誰も友だちは来られなかったけど、どうしてもやりたかったのだ。

 ウィールの音や、テールを蹴る感触や、ファーストアタックで感じるレッジへの恐怖心が俺の心をスケボーの中へ吸い込ませる。しばらくやると汗が流れる。周りの浮浪者もだんだん俺を気にとめなくなってくる。歩道のバンクでオーリーをする。黄色い縁石にトラックを当てる。フリップをする。グラインドをする。やたらと汗が流れて喉が乾く。
 頭の中では映像が流れ続けて気持ちはスケボーから抜け出せない。心はいつでもそこへ入り込める。どこへでも持っていけるしスケボーはどこでも出来るのだ。

 楽屋へ戻って暑いからTシャツを脱いでいるとアイドルパンチの次郎ちゃんに「森本さん乳首でけぇなー」と言われる。そうか?言うほどお前も小さくないぞ。と思うがまぁいっか。俺の乳首はでかいのだ。
 一番目だからもう熱狂的なライブをして今日は燃え尽きようと思いぶちかます。エルブリTシャツ着ていたのも燃えた要因。また柵を越えて客席でライブしたかったけど、行こうとしたらいろいろ押し戻されて辿り着けず。

 ライブ後は物販で過ごす。楽屋で面白いことなんか何も無いから。飽きたらスケボーしにいって、お腹が空いたらフレッシュネスでハンバーガーを買ってくる。で、気が付いたら夜の九時。げ、10時間も居ついちゃった。というわけで慌てて帰る。しかしTシャツは全部売れて良かった。

 おばあちゃん家が近所なので泊まりに行く。帰って風呂入ってすぐ寝ようとしたら、風呂上がり机に天ぷらとご飯が用意されていて、食べてから寝ろと言う。まぁいっかと思って食べて寝る。翌朝朝ご飯が出来たからとりあえず食べなさい、って言うんで9時に起きて食べてまたすぐ寝る。そしたら昼に近所のおばさんがそうめんを持って来たって言うんで起こされてそうめんを食べる。このまままた寝たらさすがにやばいなーと思ってお墓参りへ。たわしで洗いまくる。帰ったらウナギがあるので美味しくいただき家へ帰る。


top