BREAKfAST – breakmefast.com

リキッドルームでメテオナイト

 リキッドルームでメテオナイト。凄い楽しみにしていたら雨が降る。そうよね、たまのイベントで雨が降ることあるよね。
 久し振りのレスザン企画で先輩方が数多くいて所々で交わされる会話が面白い。やっぱレスザンの魅力はこれだね。久し振りに河波さんにも会う。
 うちの前にやったボリュームディーラーズがもの凄く良くて、全ての感情が解放されてライブに臨む。
 ライブは普通に盛り上がったけど、なんか客との間に隙間を感じるなー、と思ったらステージの下に柵という物理的な隙間を発見。ぬぬ、やりずらい。と思って柵を乗り越えて隙間を埋める。

 先日発売されたタロ君の「POOL」写真集、太郎が作ったそれのDVD.。そこにはアメリカの荒廃した空気が映し出されている。それは例えばペティボンの絵や、ブラックフラッグの音楽と共通するものだ。昔は表面的な格好良さにしか気が付かなかったけれど、アメリカ文化のダークサイドの存在を「POOL」の写真とDVDで再び実感させられた。国と文化は関係無いか?そこにはあらゆる側面が反映される。だから皆さんも買って見てみると良いよ。と話す。前日に見たDVDがとても良かったから。

 ライブ後コンビニで話した女の子との(くだらん)名言。
「あ、ライブ良かったですよ。」
「ふーん、じゃあ何かおごって。」
「私19才なんですけど・・・。」
「ギャフン!ごめん、俺がおごるわ。」

メテオナイトはユニットへ移動。ECD、赤い疑惑とストラグル・フォー・プライドで激しく盛り上がる。


top