BREAKfAST – breakmefast.com

行ってきたよ甲府

 いやー、行ってきたよ甲府。あんまり乗らないね、中央道。ライブ前に街を歩いていたら自転車に乗った高校生カップルを発見。いいね!なんて言いながら(どっかいくといっつもこんな事に反応しているのだ)甲府城跡へ行く。

「あの石垣って当時のかな?」
「今のじゃない?」
「いつのだって石は石だよね。」
「Stone is stone.」

 なんて言いながらみんなが石垣を登ろうと試みる。いいね!旅で浮かれているメンバーいいね!その後一番高いところから甲府の街を見下ろす。ん、「海が聞こえる」みたいだ。となりでタイタニックごっこをしているヤンキーカップルが気になる。早く城から降りてくれと願う。
 山梨県唯一の釜飯の店でウナギを食べる(なんのこっちゃ)。

 怒濤の23曲は1stの曲が反応良かった。3年前からライブを待ってたの?ありがたや。
 ライブ前にチンクンとかと西田敏之の話になって「またあれ喋ってくださいよ。」と言われたので喋る。あの静けさがたまらない。

 静岡へ

 ライブ前にカククンと銭湯へ行く。静岡の繁華街はスパイラル(マーケット)のあたりがはじっこなのかなーと思っていたが、銭湯目指して歩くと結構街が続く。しかも、なんつうか、南国な感じの街並み(溶けかかっている街)に変わる。
 味が妙に出ているコンビニのおばちゃんに道を聞きながら桜湯へ。シャッターが下りてたり開いていたりの閑散とした商店街を進む。日本酒の看板を掲げたコーヒーショップ。異様に狭いジュースショップ(なんじゃそりゃ)。六本木と書かれたロシア料理屋。まるでつげ義春ではないか。
 たどり着いた桜湯は東京ではなかなか見られないタイプの銭湯。トイレの窓の位置(腰ちょい上)、男湯と女湯を仕切る壁(180cm)、湯船(膝まで)と全てが低め。次回も是非行きたい。
 スパイラルはかなり客が入ったが、それはブレックファストを見に来たのではなくこの日がラストライブだったカボチャックの客だと思う。

 最後だからという理由で、メンバー間での喧嘩の話をしたカボチャックの振り切りに大いに触発されて、俺も何か喋ろうとライブ前に思う。

 ステージに上がると心なしか客が減った気がする。うーん、やっぱカボチャの客だったのねん。解散の感慨を吹き飛ばす23曲。15、6曲立て続けにやって休憩トークした時に「残り7曲やりまーす。」と言ったら女の子の「え~。」という声が聞こえる。えーじゃない!と言いたくなるこの気持ちは学校の先生の気持ちだな、と瞬間で思う。
 静岡の暖かい雰囲気にやられて超身内な話を長々とする。全くうけなかったけど俺はへっちゃらなのであった。 
 帰りの車内は恋と性の話に華が咲く。結婚は恋愛の延長か否か?


top