BREAKfAST – breakmefast.com

大阪ベイサイドジェニー

 大阪ベイサイドジェニーでライブ。「あそこは閑散とした町だったからあんまりスケボーしないかもなー。」と思って出発したのだが、着いたら前の道で超スケボーした。うーん、つくづく場所は関係無いんだなー。

 客の入りは凄いけれど、ブレックファストの客はいなさそうだし今日は盛り上がらないだろうなー、と思っていたのだが、ステージに上がると歓声が・・・。え、何、前の方にはいるわけ?三列目くらいまではうちを見に来てくれた人なわけ?と一気に興奮するが、ライブが始まると急にみんな静かになるではないか!え!さっきの歓声はなんだったの?ってくらいの恐ろしい落差!動かざる事地蔵の如し!それでまたステージが高いから立っているみんながよく見えるのよ!本当朝礼ばりの静けさだったよ、俺は校長か。
 それでもトップオーディエンスには三人くらい激しく動いている奴もいて(サンクス!)後ろにはリズムを刻んでいる奴もいて(オアシス!)それに支えられながらライブをする。一歩でも下がったら楽屋まで走り出しそうだったよ。
 ところがTシャツ買えよ、とかアルバムが出ます、とか喋ったら再び歓声が聞こえてくるではないか!おい!そのバンド心のくすぐり方は何なわけ?期待していいの?本当にいいの?
 Tシャツはあんまり売れず。もう何も信じない。

 サーヤに勧められた風月でお好み焼きを食べる。焼き担当は則近(のりちか)さんだ。若い女の子なんだけど、めんどくさいから話しかけないでね、というオーラがプンプンに出ていて素晴らしい。やっぱ焼いて貰うと美味しいなー。
 続いて近くのうどん屋へ。美味しい。近所の少年野球チームが大量にやって来てもの凄い活気となる。子供の関西弁はとても可愛い。彼らはうどんがくるまでババ抜きをやっていた。
 帰りがけに銭湯へ。飯の後に風呂へ入るか入らないかで旅の完成度は大分違う。今回は日帰りで慌ただしかったけれどもパーフェクトであった。

 帰りの車内は最初寝てたけど後半は喋り倒す。
「最近何の映画見ました?」
「ラモーンズの映画。最後にジェリー・オンリーが出てきて面白かった。」
「ジブリのキャッチコピーはずっと糸井重里だよ。」
「ドラマは?24見てるんだけどあれ長いね。一日ってあんなに長いんだね。」
「フーは散々聞いたから違うCDにしようよ。」
「高校の同級生なのに敬語つかう変な奴がいてさ・・・。」
「ザ・バンドってどのアルバムが格好いいの?」
「1.2.3枚目かな。」
「ラピュタの最後の言葉短すぎって思わなかった?それまでの呪文は超長いのに。」
「言っちゃいそうだもんね『ばあば、留守番よろしく、あ!』とかさ。」
明け方帰る。


top