BREAKfAST – breakmefast.com

ジュンクン(YSIG)

 近いのに遠い街、川崎はチッタでライブ。いやーこれ盛り上がるのかねー?なんて思って不安だったのだけれど(大きいところで盛り上がった経験が少ない)、開場直後の物販の売れ行きが凄すぎて、ライブの期待が隠しきれない。そして盛り上がったので嬉しかった。ジュンクンとお好み焼き屋でナンパして大失敗だったぜ、その後ムーミンの話したぜ。という話はいまいち。明確な笑わせどころがなくて、ピントのぼけた話だったせいだ。研ぎ澄ますことなく話してしまった。

 ライブ後は物販のあたりで他のバンドを見たり、タククンと飯を食べに行ったり、楽屋をうろついたり。どのバンドも盛り上がっていたが、ライブが進行している裏では色んなことが起こっていたのであった。
 例えば泣いている女がいたり、例えば血を流している男がいたり、例えば一つの愛が終わったり、例えば己が性癖を語る奴がいたり、例えば男女の憎愛があったり、例えばライブトークの確認があったり、例えばこれから会う女への期待があったり、例えばそれの失望があったり、それほど多くない人数が立ち回る中で、だからこそ彼らが感情のさざ波は、私の目にははっきりと映るのであった。私はかつて漫画、「金と銀」の中で言っていた「金を抱いて、そのヒリヒリした感覚を知れ。それが男を磨くこととなるのだ。」というセリフに従い、物販の売り上げ7万円を持ってその人の中を歩いていた。7万円の感覚では大した男になれそうもないが。

ライブ後、ジュンクン(YSIG)送ったメールを一部抜粋。

・・・とても楽しくて、俺はよい気分でライブ後に帰りましたが、「これから青山へ繰り出したい。」と言っていたジュンクンの気力には脱帽でした。「こ、この人まだ遊び足りないのか・・・。」と思いました。いやいや、責めているのではありません。夏を終われない気持ちは誰にでもあるものです。むしろ俺は目から鱗の思いでした。セイガクヒットマンブラザースと称したナンパコンビ。俺は閻魔一郎となって全力を出しますよ。


top