BREAKfAST – breakmefast.com

ダイノジの大地さん

 川崎はチッタでライブ。ダイノジロックフェスってやつだ。いやー憂鬱だったね、前日まで。だってそんなでかい所でのフェスにブレックファストが出たって、盛り上がるわけないじゃん!他は有名なバンドばっかりだしさ、芸人さんもたくさんいるしさ(これは嬉しい)、ま、当日になればもうやるしかないので(やるなら今しかねぇ)とりあえず川崎へ行って、まずはスケボーする。が、何て言うか変な人が多い。寝ころんでいる人とか、日焼けだか酒やけだか分からない人が多いのだ。そんな人の間を縫って滑り(面白かった)会場入りする。一方その頃楽屋では、Bコースがブレックファスト(酒井君しかいなかった)に挨拶に来ていたのであった。

B 「おはようございます!吉本興業のBコースです!今日はよろしくお願いします!」
酒井「よろしくお願いします。凄く礼儀正しいんですねぇ。」
B 「僕らなんてまだまだですから。」
酒井「テレビとか出てるんですか?」
B 「たまにですけど、出させていただいてます。」
酒井「じゃあ有名なんですね。」
B 「いえ、全然です。僕らなんて全く知られてないですよ。」
酒井「大丈夫、俺たちのほうが知られてないから。」
B 「あの、じゃあなんでそんなに偉そうなんですか?」

 まぁ最後のはウソなんだけど、こんなやりとりがあったらしい。
いたかった!そこに俺もいたかった!芸人さんの挨拶受けたかった!
会場入りした俺は何をしていたかというと、ダイノジの大地さんと話していたのであった。

俺 「やっぱりそのつなぎを着てるとダイノジって感じがしますね。」
大 「そうですか?今日はよろしくお願いします。」
俺 「おねがいします。それにしても今日も暑いですね、そんなの着ていて暑くないですか?」
大 「いや、めちゃめちゃ暑いですよ。」
俺 「大地さん、額から豚骨スープが流れてますよ。」
大 「汗だ!っつーの!」
俺 「言えて感動、言われて感動。」

 いやー感動したね!ネタと同じことができて!これだけでも来たかいがあったよ!
 ライブは会場の大きさと人の多さに緊張したが、ステージに上がって客を見下ろしていると、言いようのない優越感が湧いてきて盛り上がる。前の方には盛り上がるクルーもいて(彼らは最高であった)頑張れた。あっという間のライブではあったが、楽しめて良かったよ(本当に)。なかなかのめり込むライブが出来たのではないだろうか。

 ライブ前のトークは恥ずかしいことに緊張で噛みまくっていたが、ライブ後は普通に喋れた(はずである)。せんべいさんは28才、金八先生は30才、という話。大きい会場では喋らないなんて思われたくないからな!


top