BREAKfAST – breakmefast.com

四日市にてライブ

 四日市にてライブ。行きのサービスエリアで陽くんが「なぞなぞ100!」という本を入手したために、車中でなぞなぞをして過ごす。

陽くん 「破れば破るほど褒められるものってな~んだ。」
俺   「規則!」
陽くん 「記録だよ・・・。」
酒井くん 「下ネタばっかりのなぞなぞ100とかあれば良いのになぁ。」
俺   (本当にそれ欲しい?)

 四日市に行く前に三重のパークで滑る。コンクリの気持ちよさに興奮して酔っぱらう。そして上手い人を心から尊敬する。格好良いよ、ほんと。 四日市はアーケード街のレコード屋さんが会場。ミッションレコードみたいだ!3時スタートだけど適当な感じでよろしく、と言われる。アメリカみたいだ!で、適当な感じでライブ前ギリギリに定食屋へ焼きそばを食べに行く。卵が入った焼きそばは料理としては美味しいのだろうけれども、そこのはまずかった。で、もう時間ギリギリだっつうんでほおばったまま走って戻りマイクを握る。そしたら今度は酒井君が居なかったので、しばらく喋る。四日市の名物は焼き肉だろうから、是非焼き肉を食べたい。いや、焼き肉なんて日本中の名物ですよ、それただ自分が最近食べたいものでしょ?という話をしたかったのだけれど、上手く話せずにすべる。ツッコミがいての会話だったらちょっと面白かったと思うけれど、一人で話すネタでは無かった。

 最近ちょっとヤンキーっぽいギャルがスリッパを履いているけれど、この前上下ブランド物できめているギャルがスリッパを履いていた。サザエさんみてぇだ!という会話を前日に親戚と交わしたので、それを続けて話そうとしたのだが、再びすべる予感がして止める。で、酒井君が戻るまでまとまらないまま口を動かしつづける。俺の悪いパターンだ。

 だけど演奏は頑張る。一緒に歌う客や暴れる客は(もちろん)いないが、なんとなくみんなが盛り上がっているのが分かって気合いが入った。同じ静けさでも暖かい客と冷たい客がいるものなのだ。最後のワイルドシングのときに指をWにしたら今里君が笑っていてるのが見えて、「これって無しなのかなぁ?」と少し恥ずかしくなる。
 打ち上げる。バキサンと今里君に挟まれるという、最高の席順に恵まれたのでモチのロンで盛り上がる(そして終始バキサンへのツッコミに追われる)。

 この席上にはラムと名乗る女の子がいた。この事実だけは是非伝えなくてはなるまい。高橋留美子先生だ。
 久々の名言はやはりバキサン。携帯電話の電磁波が人体に悪影響を及ぼす、という話しをしていて放った一言。
 「だから、電子レンジと同じ電磁波が流れているから、頭がチンしてパーになっちゃうわけよ。」
彼の真骨頂がここに凝縮されている。


top